群馬県,しゃぶしゃぶ,すき焼き,グルメ,お取り寄せ,観光,旅行

すき焼き由来

すき焼き由来

すき焼き由来♪ 上州群馬・舟木亭

すき焼き由来

  • すき焼きが、今の形として食べられるようになったのは、
    昭和30年代頃。すき焼きの「すき」とは農具の鋤(すき)を示し、
    この鋤を、鍋の代わりに使って、肉を焼いて食べたことから生まれたといわれています。
    すき焼きの誕生から、半世紀を経て
    今や、すき焼きは、憧れのすきやき専門店で頂くような
    “日本の高級料理”であると同時に、家庭でも、お鍋一つで、
    家族みんなが楽しめるポピュラーな料理となりました。
    すき焼き 卵.png
  • 満足感たっぷりでおいしいと評判のすき焼き。手軽に楽しめる一方
    本当に良い素材で楽しむ高級料理としての一面もあり、
    様々なお食事の場面に活躍していますね。
  • そんなすき焼きの人気の秘訣にもなっているのが、そのシンプルなネーミング。
    みんなが大好きな肉や白滝、豆腐に野菜を一鍋で焼いたり、煮たりして
    贅沢に仕上げる様をまさに表した「すき焼き」という名前、
    一体どのように誕生したのでしょうか?
    人気のご馳走すき焼き、その由来を上州群馬・舟木亭がご紹介します。

すき焼きの起源は江戸時代

  • すき焼きは今や群馬県のおもてなし料理とも言える料理となっていますが、
    その原型となるものは江戸時代。将軍が盛んに行っていた鷹狩りの際に
    振る舞われていた御鷹匠料理(ごたかじょう)にあったというものです。
  • 古代から行われていた鷹狩ですが、江戸時代は
    将軍の狩猟活動は権威の象徴的な意味を持っていました。
    御鷹匠料理♪ すき焼き♪
  • 将軍家に鷹狩の巣鷹を献上していた現在の群馬県多野郡上野村
    かつて江戸幕府の天領(直轄地)。
    雄大な自然のもと、繁殖や育成が難しい巣鷹の保護をしていました。
    そして御鷹匠とは「鷹狩り」の際、鷹をコントロールする人のこと。
    江戸幕府に仕える御鷹匠(ごたかじょう)による御鷹匠料理は
    鷹狩りの獲物の雉や鴨、ときには猪やカモシカなどで、
    独特の作法を用いて、野外で料理するというのおもてなし料理だったのです。
  • 獲物をその場で捌き、農具の鋤に似た鍋で焼いて、
    貴重品の砂糖と醤油で照り焼にして食べるというもので、
    現在のすき焼きとは随分趣が異なっていたようです。
  • ところが盛んだった鷹狩りも、生類憐みの令が発せられると
    段階的に禁止となってしまいます。そんな御鷹匠が
    新たな活躍の場を江戸市中に移して始めたのが御鷹匠料理の店でした。
  • 代表的な料理は焼き鳥や軍鶏鍋で、イノシシや鹿などより脂味が少ない軍鶏を食べる時、味
    に深みが出るように工夫したのが生卵をつけて食べることだったそう。
  • あつあつの肉を適度に冷まして美味しくいただける効果もあり、
    これが現在のすき焼きに生卵を絡めて食べるという習慣に受け継がれているのですね。

上州群馬 舟木亭の高級すき焼き

  • 上州群馬 舟木亭でも、厳選された素材を用いたこだわりの
    高級すき焼きを皆様にお楽しみいただいております。
  • きめ細やかな霜降りが特徴の上州牛、
    艶やかな肉質とさっぱりとした味わいが特徴の上州麦豚
    シャキシャキとした食感がお楽しみいただける群馬の新鮮野菜、
    さらに風味豊かな割り下と濃厚なヨード卵が
    豊かな味わいを広げる当店自慢のすき焼き
    舟木亭 高級すき焼き♪
  • ご宴会やご接待、群馬県への旅行、ご家族でのお食事や大切な方とのデートなど、
    さまざまな場面に上州群馬 舟木亭のしゃぶしゃぶをお楽しみください。

a:438 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional