群馬県,しゃぶしゃぶ,すき焼き,グルメ,お取り寄せ,観光,旅行

下仁田町

下仁田町

  • 下仁田町は群馬県の南西部に位置する山間の町。南には南牧村神流町藤岡市
    及び甘楽町、北には安中市、東に富岡市、西に長野県佐久市及び軽井沢町があり
    町内には清らかな鏑川が流れます。
    古くは関東と信州を結ぶ街道により栄えた歴史ある街。
  • 現在は平均気温12°という涼しい気候と山間部の傾斜地を様々な
    工夫によりこんにゃくの耕作地として活かし、平坦地での栽培も可能となった現在
    世界的に注目を集めるヘルシーフードであるこんにゃくの街として知られています。
  • 毎年11月から2月に旬を迎える下仁田ネギの栽培は江戸中期から始まり200年以上の歴史があります。当時から旗本大名がお取り寄せするほど美味しいと評判だったことから
    下仁田ネギは別名「殿様ねぎ」ともよばれ、鍋料理には欠かせない高級食材です。
  • 2014年に世界文化遺産に登録された下仁田町の「荒船風穴」は、
    明治38年、地元の養蚕農家の庭屋静太郎により建設された蚕種貯蔵施設です。
    自然のエネルギーを巧みに利用しながら、環境に負荷をかけない産業システム。
    今も荒船風穴を吹き抜ける冷風は、
    現代に生きる私達に先人の優れた知恵と自然との共生の大切さを教えてくれます。

下仁田町観光スポット

虻田福寿草の里

  • 福寿草の里は、早春の訪れを告げる福寿草と3月上旬に見頃の紅梅が楽しめる癒しの里。開園期間中は地元農産物や福寿草の鉢植えなどの販売のほか梅の枝プレゼントと
    温かいお茶が振る舞われます。
    開園期間  2月中旬~3月下旬
    開園時間  午前9時から午後4時まで
    協力費   大人300円 小学生100円 小学生未満 無料
    駐車場   無料(2ケ所)

さくらの里

  • 下仁田町の「県立森林公園さくらの里」は、妙義山の南面、山麓斜面一帯に広がる45種5,000本のソメイヨシノが植栽されており、約47haの園内を鮮やかに咲き誇ります。園内は歩道や広場が整備されているのでゆっくりと歩きながら、お花見を楽しむのがお薦めです。
  • 4月中旬から5月中旬にかけて、さくらの里園内に植えられたミシマザクラ、ヨウキヒ、コトヒラといった珍しい品種からカンザン、フゲンゾウなどの八重さくらも代わる代わる咲き続け、毎年多くの人が美しい景観を楽しみに訪れています。
  • さくらの里へ車のアクセス
    上信越自動車道下仁田ICから国道254号中小坂信号右折 約30分
    上信越自動車道松井田妙義ICから行田丁字路右折 約30分
  • さくらの里へ電車のアクセス           
    JR高崎駅から上信電鉄下仁田駅下車 タクシー 25分
    JR高崎駅から信越線 松井田駅下車 タクシー 30分

妙義山

  • 妙義山は、赤城山、榛名山とともに上毛三山に数えられ、群馬を代表する山の1つ。
    また、荒々しい岩肌が創り出す自然景観の美しさが特徴です。
  • そして「妙義山」は、いくつもの峰々の総称です。
    金洞山、白雲山、金鶏山を通称「表妙義」と言い、
    谷急山、丁須の頭、御岳等を通称「裏妙義」と呼んでいます。
    妙義山の標高は、白雲山相馬岳の1,104mが最高峰なので、
    気軽に登れる「石門めぐり」や十分に自然を満喫できる「関東ふれあいの道」
    そして体力と経験と度胸が必要な「山頂縦走」など様々な登山コースが楽しめます。
  • 妙義山の南麓に広がる「さくらの里」は、45種類、5,000本のさくらが楽しめる観光名所。4月中旬から5月上旬にかけてが見頃なので、登山と花見の両方を楽しんでみるのもおすすめ。妙義山の自然と眼前に広がる関東平野の景色はとても爽快です。
  • 「妙義」の名前の由来は、後醍醐天皇に仕えた権大納言長親卿が、この山の眺めを
    「明々巍々(めいめいぎぎ)である」といったことから「明巍」と名付けた事が、後に「妙義」となったと言われています。「明々巍々(めいめいぎぎ)」とは、
    とても大きく高くおごそかで威厳に満ちているという意味です。
    現代の私たちが妙義山を仰いで見てもまさにその通り。言い得て、妙ですね。

神津牧場

  • 神津牧場は明治20年に開設した日本で最初の洋式牧場。
    妙義荒船佐久高原国定公園内の標高1,000メートルの高原にあります。
    上州の山並みが見渡せるのどかな風景には、広い高原をわたる爽やかな風と
    牧場で青い草を食むジャージー牛や馬の牧歌的な風情が広がっており、
    神津牧場の定番ソフトクリームとともに多くの人々に親しまれています。
  • 神津牧場へのアクセス
    <電車でのアクセス>
    JR高崎駅から上信電鉄により約60分、下仁田駅下車、タクシーで約40分
    <車でのアクセス>
    上信越道下仁田ICから約50分

姫街道もみじライン

  • 県道下仁田軽井沢線は古くから親しまれている紅葉の景勝地。
    ひんやりとした空気に映える、燃えたつような約1000本のイロハモミジの
    紅葉はまるで錦絵の様ー。毎年11月中旬に見頃を迎えます。
    姫街道もみじラインは 地元のボランティアが中心となって
    現在も大切に管理が行なわれています。
  • 11月初旬の日曜日には姫街道もみじまつりが開催されます。
    珍しいもみじ鍋試食サービスなどのイベントが行われてます。
  • 姫街道もみじラインへのアクセス
    場所: 県道下仁田軽井沢線〈43号〉  本宿から軽井沢の間
  • <車でのアクセス>  
        上信越自動車道をご利用の場合
        下仁田ICから車30分    ○碓氷軽井沢ICから車15分
        

下仁田町祭りイベント

  • 神津牧場花祭り
    遅い春の訪れを待って開催される神津牧場の花祭り。
    5月中旬、北海道の桜と時を同じくして、堰をきったように様々な花が、標高1000メートルの神津牧場に一斉に咲き始めます。長い冬を越えて牧草地に解き放たれた牛達も
    芽を吹きはじめた草を食むこの時期。爽やかな風を感じながら、牧場のならではの手作りソフトクリームを味わってみませんか。
  • 下仁田こんにゃく夏祭り
    下仁田市街地にある「こんにゃく広場」で毎年開催される夏祭り。
    盆踊り、御輿、ステージでの様々なイベント、
    花火の打ち上げ(PM8時半から)が行われます。
    懐かしい盆踊りはどなたでも参加できますので、気軽に楽しんでみてはいかがでしょう。
    地元名産のこんにゃくの無料サービスや手作り体験(要予約)も予定されています。

下仁田町歴史、文化

  • 下仁田町は大部分が山腹の複雑な傾斜地。点在する段々畑で農業が営まれており、古くから豊かな自然に恵まれた農山村として発展したことがうかがえます。また、近代に入ると関東と信州を結ぶ街道により交通の要衝として栄えた歴史ある町として重要な役割を果たしました。
  • 昭和30年、旧下仁田町・馬山村・小坂村・西牧村・青倉村の5町村が合併し、さらに、翌31年、南牧村の一部であった下郷地区が合併して下仁田町が誕生しました。最近ではJR高崎駅から上信電鉄で約60分、東京からは、平成5年上信越自動車道が開通したことにより、約1時間20分で結ばれて観光客や地元の人に利用されるようになりました。長野県佐久市及び軽井沢町にも程近く、観光の交通アクセスに便利な街としてこれからも発展が期待できそうです。

下仁田町自然、産業

  • 下仁田町東部に鏑川流域の小規模な平野が形成され、美しい山並みや清らかな渓流など、総面積のうち約85%が山林及び原野で構成されてます。気候は冷涼で、年降雪量は県の中でも少ない土地として知られ、古くからこんにゃく芋をはじめ、下仁田ネギの栽培などが盛んに行われてきました。昭和に入って皇室への献上や上毛かるたに「ねぎとこんにゃく下仁田名産」と詠まれていることからそのおいしさも世に広く知られるようになりました。

下仁田町特産品

下仁田町宿泊施設

下仁田町アクセス

下仁田町役場

  • 〒370-2601 群馬県甘楽郡下仁田町大字下仁田682
    TEL:0274-82-2111 FAX:0274-82-5766
    a:308 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional