群馬県,しゃぶしゃぶ,すき焼き,グルメ,お取り寄せ,観光,旅行

日本酒

日本酒

日本酒 上州群馬♪舟木亭

  • 日本酒日本酒は、日本人にとってもっとも親しみのあるお酒。
    お米をゆっくり発酵させてアルコールを生み出すというその製法は、
    世界でも類を見ないほど複雑だそう。
    日本酒 上州群馬♪ 舟木亭.png
    大きく重厚な造りの酒蔵も日本ならではの風景として受け継がれてきました。
  • 四季折々の味覚とはもちろん、穏やかな和の情景と共に楽しめる日本酒
    長い歴史と伝統、そして日本ならではの情趣が、日本酒には込められているのですね。

日本酒に合う舟木亭旬のおすすめ料理はこちら

日本酒の造り方

日本酒の造り方 上州群馬♪舟木亭

  • 日本酒ビールなどと同じ醸造酒に分類され、
    原料である米を発酵させてアルコールを生み出したものを言います。
    ところがお米には糖分が含まれていないため、麹菌の力を借りて、、
    発酵させる前にお米のデンプンの「糖化」という作業を行います。
    群馬の地酒♪ 舟木亭
  • そこでお米を糖化し、さらに酵母を加えて発酵させるのです。
    しかもその作業は全く別のものではなく、並行して行われるというのも日本酒の特徴。
    「一麹、二もと、三造り」とも言われるように、
    日本酒が出来上がるまでには、長く複雑な作業工程があるのですね。 地酒の味わいを群馬の素材とともに♪ 舟木亭

日本酒が出来上がるまでの大きな流れ

  • 精米  玄米の外側を25%~50%ほど削り取る。(吟醸酒の場合50時間)
    米の組織を壊さない様に丁寧に行うのですごく時間がかかります。
  • 蒸  精米された米を洗米し、浸漬させた後で蒸す。
  • 麹  蒸米に黄麹菌を繁殖させ、デンプンを分解してブドウ糖に変える「糖化」を行わせます。
  • 酒母(もと) 酒母とは水麹(水と麹を混ぜ合わせたもの)と蒸米に、酵母を加えたもの。ブドウ糖をアルコールに変える酵母を大量に培養したもので、酒の味を左右する「母」のような存在です。
  • もろみ もろみは酒母に麹、蒸米、水を加えて仕込む。この工程が、古く室町時代から行われていたといわれる「段仕込み」。
  • 濾過・火入れ 20日間ほどかけて熟成させたもろみは、圧搾機で酒粕と酒に分離されます。その後濾過・火入れを行い、貯蔵されます。このように長い月日と複雑な工程を経て、日本酒は誕生するのです。

日本酒の種類

日本酒の種類 上州群馬♪ 舟木亭

吟醸酒 純米吟醸酒

  • 吟醸酒―精米歩合60%以下の白米、米麹、水を原料として造られたお酒。
    例えば精米歩合60%なら100キロあったお米が、精米後は60キロになってしまいます。
    それぞれの味の特徴として吟醸酒は端麗で飲みやすく、
    純米吟醸酒は濃厚でコクがあるといわれています。
    日本酒に合う前菜をご用意♪ 舟木亭
  • 「吟醸香」と呼ばれる、リンゴのような甘い香りが印象的。
    これは酵母が発酵する際に作り出す日本酒ならではの華やかな香りです。
    それにしても米から造られるのに果物の香りが漂うとは?
    日本酒の甘い香りは、酵母が創り出す何とも不思議な香りと言えそうです。
  • 最後に醸造アルコールを加えた吟醸酒は香りが増して味もキリッと引きしまります。
    そのままの純米吟醸酒は雑味のない米の旨さを充分に引き出した味になります。

純米酒

  • 純米酒―文字通り、白米と米麹、水のみを原料として造られたお酒。
    昔からの日本酒というべきお酒で、蔵ごとの個性や濃厚な味わいが楽しめるため
    ファンも多い存在です。
    本醸造酒―精米歩合70%以下、米麹、醸造アルコール、
    水を原料として造られたお酒。飲み口もすっきりとして、
    ほんのりと甘味を含んだ芳香が心地よく、とても口当たりが良いお酒です。
    だから日本酒初心者にもおすすめですよ。

日本酒の楽しみ方

  • 「熱燗」「冷や」など、様々な温度で楽しめる日本酒
    好みはもちろん、そのお酒の香りや味わいにぴったりの温度も知っておきたいですね。
    日本酒 熱燗.png
  • 温める場合 
    種類 温度
    飛び切り燗55℃
      熱燗50℃
     上燗45℃
     ぬる燗40℃
     人肌燗37℃
     日向燗33℃
日本酒 冷.png
  • 冷やの場合
種類 温度
  冷や常温
  涼冷え15℃
 花冷え10℃
  雪冷え5℃

日本酒の保存方法

  • 日本酒は、ワインよりも環境の変化に敏感とも言われています。
    こだわりの専門店などでは、日本酒をお店の一番奥で、
    ライトを消した冷蔵庫に入れています。
    ビールもそうですが、光が当たらないようにする。
    これが日本酒のおいしさを保つ、最適な保管方法と言えるでしょう。
  • 家庭で保管される場合も冷蔵庫が理想です。
    冷蔵庫に入らない場合は、冷暗所での保管をおすすめします。

大手の日本酒と酒蔵の日本酒

大手の日本酒と酒蔵の日本酒 上州群馬♪ 舟木亭

  • 酒蔵の日本酒である地酒は、ほとんどが手作業で、お米やもろみと対話しながら造ります。
    大手の日本酒はコンピューター制御で造るので、品質の安定と供給量も豊富です。、
  • その土地ならではの地酒は、人間の勘や経験を活かして酒造りを行なうため、
    世界でも類を見ないほど複雑な日本酒造りのすべてをつかさどる杜氏の腕前は
    きわめて重要なものになります。
  • そんな地酒の値段は大手に比べるとどうでしょうか?
    一般的に、手作業で行っている地酒のほうが値段が高いと思われがち。
    実はそうでもありません。
  • 一部のプレミア付き有名地酒だけで、それ以外の地酒は
    実は大手のお酒よりもリーズナブルです♪
    そのプレミア付き地酒も、人の手をわたっていくたびに値段が上がるので
    CMでおなじみの大手の日本酒と比べて本来はそれほど高いものではないといえそうです。
  • 手作りの伝統を守り続ける酒蔵の日本酒
    その長い歴史と伝統、そして日本の情趣が日本酒には込められています。
    そんな日本人の心を満たすこだわりの日本酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?
    太田桐生ICより1分♪舟木亭館林駅より1分♪舟木亭

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional