群馬県,しゃぶしゃぶ,すき焼き,グルメ,お取り寄せ,観光,旅行

梅酒

梅酒

梅酒豆知識

梅酒を美味しく味わうために♪

  • 人気の食前酒といったら、梅酒。
    純氷にとろりと梅酒を注いだらソーダ割りはいかがでしょう。
    乾杯すれば、爽やかな泡がはじけるような楽しい時間の始まりです。
    おいしい氷で梅酒♪ 舟木亭
  • といった感じですね。
    舟木亭でも、美味しい梅酒を楽しむお客様の姿が大勢見られます。
    そんな梅酒をもっと楽しむコツを、ここではご紹介いたします。

梅酒の豆知識

梅酒の作り方は?

  • 梅酒を美味しく作るのは、ポイントを押さえれば意外と簡単です。
    六月ごろ収穫される青梅を用いて、家庭でも手軽に梅酒がつくられています。
    梅酒を作るときには、お酒は無味無臭のホワイトリカーなど
    甲類の焼酎が用いられることが多いようですが、
    珍しいところでは、無味無臭のウォッカでも代用出来るそう。
    実までしっとりしたおいしい梅酒♪ 舟木亭
  • 異なった味わいを期待する場合はブランデー、ウイスキー、泡盛などの
    独特の蒸留酒でも同じように作れるのも梅酒ならではといえそうです。

梅酒の作り方の例

1、 梅の実は水洗いしてよく拭く。1時間ほど天日に干して完全に乾燥させます。
2、梅と砂糖を交互に清浄なビンに詰めてから、ゆっくりとお酒を注いで密栓します。
3、 最後にビールと同じように冷暗所で保存します!(2〜3年熟成も可能)

  • ビン詰めの際、砂糖を一番上にすると梅が浮かないのでよく漬けられます。。
  • 多くの人は梅の実1kgに対して砂糖はお好みで200gから1kg、
    お酒はアルコール度数25度以上のものを用いて、1.8リットル程度の割合で混ぜて作るようです。
  • 梅酒の砂糖は一般的に氷砂糖ですが、こだわりの梅酒には、
    蜂蜜、黒糖、果糖なども用いられています。
    それは梅を漬け込む際に比較的ゆるやかに溶けていく糖類だから。
    梅の実が硬くならないので美味しい梅酒が出来上がります。

梅酒に氷砂糖が使われる理由

  • 梅酒といえば砂糖は氷砂糖がお馴染みですが、
    粉体のものよりも氷砂糖のほうがゆっくりと徐々に溶けてゆくからです。
    後から混ぜ合わせる手間も必要なく
    糖の濃厚部分がビン詰めにしても、底部に滞留することもありません。
    つまり、氷砂糖を用いた場合は、徐々に砂糖を加えていくことと
    同様な効果が得られるというわけです。

梅酒は意外にデリケート。

甘い香りと、とろりとした濃厚な味わいが梅酒のおいしさの秘訣。
梅酒のための梅の品種が全国各地に存在するほど。
そんな梅酒のおいしさを保つために一番気を付けたいのが、保管方法です。

  • 一つは、直射日光に当てない様に、十分な配慮が必要。
    直射日光は、気温以上の温度を梅酒に与えてしまうのです。
  • 梅酒を作って、ディスプレー的に楽しみたいなど、
    部屋の中に置く場合も本当は透明なビンより茶色などの色のついたビンが理想です。
    高温に放置するのはもちろん、急な温度変化や温度変化を繰り返すのはNGなのです。
    お湯割りでゆっくりお楽しみください(^^♪ 舟木亭

梅酒の楽しみ方

  • 梅酒は、お湯割りや水割り、オンザロック、カクテルなど
    様々な飲み方が楽しめるお酒。自分の好みやその時の雰囲気、
    梅酒の種類などによって、いろいろな飲み方を楽しみたいですね。

梅酒の飲み方

梅酒 お湯割り

  • 梅酒をお湯割りにする際には、「梅酒5:お湯5」の割合が基本とされています。
    美味しいお湯割りを作るには、グラスにまずお湯を注ぐのがコツ。
    比重の関係によって、梅酒とお湯が自然と混ざり合うのだそうです。
    お湯が熱すぎると焼酎の風味が失われてしまうので、40℃くらいのものがベスト。
    梅酒の香りが一層引き立ちます。

梅酒 水割り

  • 水割りを作る場合は、お湯割りとは反対に梅酒を先に注ぎます。
    割合はお湯割りと同じく「6:4」か「5:5」梅酒の風味を損なわないためにも、
    水はミネラルウォーターを使用したほうが良さそう。
    お湯割りに比べすっきりとした味わいが楽しめます。

香りも芳醇♪梅酒♪ 舟木亭

梅酒 ロック

  • 梅酒そのものの味をしっかりと楽しみたいという場合は、オンザロックがおすすめ。
    一口目に感じるストレートな味わいと、
    氷がゆっくり溶け始めた後の爽やかさの両方が楽しめます。
    氷は大きめのものを選んで、少しずつ溶けていく様子を楽しみたいですね。

梅酒 ストレート(生)

  • 珍しい本格梅酒が手に入った時は、
    まずはストレートで味見をしてみるのもおすすめ。ストレートなら、
    その梅酒本来の香りや味わいを楽しむことができます。
    ストレートで楽しむ場合には、隣に氷水(チェイサ―)を
    用意しておくこともお忘れなく。ストレートで試した後、
    お湯割りや水割りなどその焼酎に適していそうな飲み方に切り替えるのもおすすめです♪

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional