群馬県,しゃぶしゃぶ,すき焼き,グルメ,お取り寄せ,観光,旅行

焼酎

焼酎

焼酎とは

和やかなお席をご用意してお待ちしております。舟木亭

  • 焼酎は、ビール日本酒とは製法が異なる蒸留酒の一種。
    鹿児島や大分など南九州で盛んに醸造されており、米焼酎や芋焼酎、麦焼酎のほか、
    最近では全国的にその土地ならではの焼酎も楽しめるようになっています。
  • また飲み方も、お湯割りや水割り、オンザロックと、
    好みや気分に合わせて変えられるのが焼酎の魅力の一つ。
    そんな焼酎の魅力を、舟木亭がご紹介!定番から幻の味まで、
    日本が誇る数多くの焼酎の中から、自分だけのお気に入りを見つけてみませんか?

焼酎の種類

甲類 連続蒸留焼酎

  • 糖蜜、サトウキビなどの原料を発酵させて連続蒸留機で蒸留して、
    高純度のアルコールを生成した後、加水したもののこと。
    アルコール度数は36度以下と定められています。
    何度も蒸留を行うことでほとんど無味無臭に仕上がる、
    甲類の焼酎は、チューハイやカクテル、果実酒など
    すっきりした味で割って、楽しめる焼酎です。
    さっぱり飲みやすい甲類♪ 舟木亭

乙類 単式蒸留焼酎

  • 焼酎芋・米・麦などを原料とし、単式蒸留機で蒸留した焼酎。
    アルコール度数は45度以下と定められています。
  • 一度しか蒸留を行わないため原料そのものが持つ風味が保たれ、
    個性豊かな味わいが楽しめるのが特徴です。最近では「甲乙」つけがたい魅力を
    「甲類、乙類」と分けずに「本格焼酎」という呼び方が多く用いられています。

焼酎の楽しみ方

  • 焼酎は、お湯割りや水割り、オンザロックなど、様々な飲み方が楽しめるお酒。
    自分の好みやその時の雰囲気、焼酎の種類などによって、いろいろな飲み方を楽しみたいですね。

焼酎の飲み方

焼酎お湯割り

  • 焼酎をお湯割りにする際には、「焼酎6:お湯4」の割合が基本とされています。
    美味しいお湯割りを作るには、グラスにまずお湯を注ぐのがコツ。比重の関係によって、焼酎とお湯が自然と混ざり合うのだそうです。
    お湯が熱すぎると焼酎の風味が失われてしまうので、40℃くらいのものがベスト。焼酎の香りが一層引き立ちます。
    さっぱり甲類焼酎♪ 舟木亭

焼酎水割り

  • 水割りを作る場合は、お湯割りとは反対に焼酎を先に注ぎます。
    割合はお湯割りと同じく「6:4」か「5:5」焼酎の風味を損なわないためにも、水はミネラルウォーターを使用したほうが良さそう。
    お湯割りに比べすっきりとした味わいが楽しめます。

焼酎ロック

  • 焼酎そのものの味をしっかりと楽しみたいという場合は、オンザロックがおすすめ。
    一口目に感じるストレートな味わいと、氷が溶け始めた後の爽やかさの両方が楽しめます。
    氷は大きめのものを選び、少しずつ溶けていく様子を楽しみたいですね。

焼酎ストレート(生)

  • 珍しい本格焼酎が手に入った時は、まずはストレートで味見をしてみるのもおすすめ。
    ストレートなら、その焼酎本来の香りや味わいを楽しむことができます。
    また「生(き)」と呼ぶこともあるストレートは、冷凍庫に入れて冷やして、
    少しとろみのある状態にしてからショットグラス楽しむのもひとつです。
    大分麦焼酎 閻魔♪ 舟木亭
  • ストレートで楽しむ場合には、隣に氷水(チェイサ―)も忘れずに♪
    ストレートで試した後、お湯割りや水割りなど
    その焼酎に合う飲み方に切り替えるのも楽しいものですよ。

焼酎 燗

  • あらかじめ割り水しておいた焼酎をほどよく温めて楽しむ熱燗の焼酎は
    比較的珍しい方法かもしれません。おすすめは芋焼酎の燗です。
    芋焼酎の香りを甘く引き立たせて楽しめる熱燗は、
    日本酒の徳利を使い、鍋にお湯を張って40度くらいでどうぞ。
    お好みの焼酎で風味豊かな熱燗を楽しんでみてはいかがでしょうか。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional